施工実績

町田市でランデックスコート塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

昨年末、3年前に屋根外壁を施工させて頂きましたお客様の所へ経過調査に伺わせて頂きましたところ、ドライエリアのランデックス塗装工事の御依頼を頂きました。

ドライエリアとは、地下があるお家の湿気を逃がしたり、風通しをしたり、避難通路の役割をしている場所です。

ドライエリアは地下にある為、来客の方の目に付かない場所なので、建設時はコーティングなどを行わずコンクリート打ちっ放しのままの状態が多いです。

施工させて頂きました3年前は生後半年のお孫様が居て、今は3歳半になっていました。

『孫が遊びに来てくれた時に雨が降っていても遊べるようにドライエリアを綺麗にしたい』との事でした。

↑施工前です。

↑施工後です。

↑施工中です。

天井と壁は色を分けてツートンにしました。

↑模様付けしたので、窓上にあった元の補修跡もわかりづらくなりました。

↑ドライエリアを抜けるとお風呂場の窓があり、浴室からの結露でエフロや汚れで壁が汚れてしまっていました。

↑ドライエリアから見える壁でしたので、せっかくなのでこちらはサービス工事で施工させて頂きました。

3年経っても屋根外壁共に問題もなく、今回の塗装工事も大変喜んで頂きまして、嬉しかったです。

これからもお客様の満足度の高い施工を提供出来るように日々精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


劇団四季本社、内装塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

今年に入ってからも、劇団四季本社の内装塗装工事を当社にて施工させて頂いております。

↑施工前です。

↑施工後です。

↑施工前です。

↑施工後です。

↑ヒビが入ってるところや傷が付いてしまってる箇所にはパテ処理してから、塗装していきます。

↑上塗り施工中です。

↑今回は汚れが付いても水拭きすれば綺麗になりやすく、ホルムアルデヒドをほとんど含んでいないベンジャミンムーアの塗料を提案して、施工させて頂きました。

仕上がりを見て社員さん達にも喜んで頂けて嬉しかったです。

これからも個人のお客様だけではなく、企業様にも喜んで頂けるお仕事が提供出来るように日々精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市で立体駐車場の鉄部塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

当社が塗装工事の業務提携をさせて頂いております、法人オーナー様所有の立体駐車場の防火シャッターボックスと鉄扉の塗装工事を施工させて頂きました。

↑施工前です。

↑施工後です。

↑施工前です。

↑施工後です。

↑シャッターボックスの上には埃がビッシリ溜まっていました。

↑掃除機で埃を吸い取ってから下地処理しました。

↑見えない天端にも、接着剤となる下塗りを2回塗りました。

↑中塗り施工中です。

↑上塗り施工中です。

↑看板を復旧して完成です。

↑今回は薄くなってしまった白線塗装工事も行いました。

これからも色んな塗装工事に柔軟に対応出来、満足度の高いお仕事が提供出来るように日々精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市で玄関塗装を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

最近では木の玄関扉ではなく、アルミの玄関扉やアルミにダイノック シートが貼ってある扉が多くなってきています。

今回はダイノック シートが経年劣化してきてしまったということで、ダイノック シート専用塗料をして玄関扉を塗装させて頂きました。

↑施工前です。

陽当たりの良いお家でしたので、外部用のダイノック シートが貼ってありましたが経年劣化で白っちゃけちゃってきていました。

↑ケレン、脱脂後です。

↑施工後です。

綺麗になりお客様にも大変喜んで頂き嬉しかったです。

↑今回使用したダイノック 塩ビシート専用塗料です。

シートが貼ってあるアルミ扉の工事は、扉の交換かシート張り替えか塗装があります。

交換にしろシートの張り替えにしろ、手間がかかる為金額が大きくなってしまいますが、塗装なら比較的お安く済む場合があります。

まずは専用塗料で塗り替えてみて何年か経過を様子見してみるのも手かもしれませんね。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市で外壁塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

今年は、先週少し雪が舞いましたが去年一昨年のような大雪にはならず、交通機関や皆様の生活に支障をきたしてないみたいなので一安心ですね。

今年に入ってからも多くのご依頼を頂き、町田市内での施工をさせて頂きまして大変感謝しております。

↑施工前です。

↑下塗り施工中です。

こちらのお家の外壁はサイディングでしたので、下塗りにはサイディング用の弾力性能のある下塗り材を使用しました。

↑中塗り施工中です。

↑上塗り施工中です。

↑バルコニー手すりの高さに合わせて今回はツートーンの仕上げを施工させて頂きました。

↑上塗り施工中です。

↑施工後です。

↑バルコニー床のFRP防水のメンテナンスも施工させて頂きました。

機械研磨後に箒と掃除機を使用して細かいゴミを取り除いたら、アセトンという液体で脱脂していきます。

↑FRP防水トップコート施工後です。

↑今回は仕上げにウッドタイルと周りに砂利を敷き詰めました。

外壁でも屋根でもバルコニーでも、塗膜は紫外線で劣化をしてしまうので、マンションの屋上などはたまに、タイルを敷き詰めてある屋上などがあります。

FRP防水を新しくしたら劣化させない為にも、ウッドタイルなどを敷き詰めるのもいいかもしれませんね。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


技術の継承

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

今日はパソコンの写真を整理していたら、ホームページにも載せてありますがお気に入りの1枚を久しぶりに見かけたので再度載せようと思います。

↑内装塗装のパテ仕事や染色仕事、外装の吹き付け仕事や外装塗装全般、なんでも器用にこなしてくれる職人から、職人歴3年目の若手の子がパテ仕事を教えてもらっているところを、後ろから私が見ていて、なんだかこういうのいいなぁと思って、携帯で撮った1枚です。

私が仕事を始めた頃は『見習いなんだから、言葉通り見て習え』と、なかなか先輩や親方から仕事を直接教えてもらえる機会というのはありませんでした。

そんな時代の頃から一緒に仕事を覚えて来た仲間が、今度は若い子達に仕事を教える立場になり、時には怒りながらも丁寧に仕事を教えている場面を見ると、なかなか感慨深いです。

私達の仕事には正解というのがないので、私が学んで来た技術が全てではありませんが、それでも教えてあげれる事は全てを伝授し、彼ら若い子達が立派な職人になった頃、私達が伝授した『事』を今度は彼らが教える立場になり、私達の教えた『事』が脈々と受け継がれていくといいなぁと思います。

大門塗装店


町田市でコンクリート打ちっ放し壁のランデックス塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

町田市でテナントビルのコンクリート打ちっ放し壁のランデックス塗装工事を施工させて頂きました。

↑補修前です。

↑補修用2液カチオンモルタルのKモルタル補修後です。

↑下塗りプライマー施工中です。

↑プライマーのあとに疎水材というコーティング材を2回塗ります。

↑疎水材のあとはファンデーションコートを2回塗って綺麗なコンクリート色に染めていきます。

↑パターン液というものをスポンジに含ませて、パタパタと叩きながらコンクリート打ちっ放し風のパターンを付けていきます。

↑右側がパターン付け後です。

↑仕上げに疎水材を2回塗ってコーティングしたら完成です。

↑コンクリート目地のコーキングも変成シリコンで打ち替えて、ランデックスコート施工の完成です。

今回のランデックスコートは、明るめの仕上げ色を使用して新築時の頃のような雰囲気に仕上げました。

オーナー様にも大変喜んで頂き嬉しかったです。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市で室内窓枠塗装を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

本日は、ヒマワリの油などの植物油と植物性ワックスからできているオスモという自然塗料を使用して、木製の窓枠や扉を塗装させて頂きました。

注文住宅などで使用されている木建具や木扉や無垢の床材は海外から輸入された物が多いですが、多くの物が海外の工場でコーティングがされてきている場合があります。

今日施工しに行った現場は空き家でしたが、建築時の仕様書という図面を見させていただいたところ、木製品は海外物で海外工場で自然塗料でコーティングされて来ている物でしたので、今回はクリア塗膜の塗装ではなく、オスモを使用しました。

↑ホルムアルデヒドが一切入ってないオスモという木製塗料です。

せっかく建設時に自然塗料を使用している木製品でしたので、木の性質を活かす為に今回も自然塗料を使用しました。

↑施工前です。

↑紙ヤスリで表面の毛羽立ちを研磨します。

↑施工中です。

↑施工後です。

オスモは木部の深部にまで浸透するので木の呼吸を妨げず木が長持ちするとも言われています。

ふんだんに木が使用されているお家でしたので、新しい家主の方にも長く大事に使ってもらえると嬉しいです。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市でジョリーパット の外壁塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

当社の御近所様のお家の外壁塗装の仕上げ塗装が本日完工致しました。

現場の隣りが月極め駐車場で土曜日の今日は車の出入りが多い予想でしたので、職人さんには外壁塗装をしてもらい、私が駐車場に張り付いて出入りする車のシート掛けをさせて頂きました。

月極め駐車場の管理会社さんにお願いして、お車のオーナーさん全車にご挨拶行かせて頂いてあったので、車用シートを掛けさせて頂いても、1回もクレームになる事なく、気持ち良く無事に外壁塗装工事を終える事が出来ました。

↑施工前です。

↑下塗り施工中です。

↑中塗り施工中です。

↑上塗り施工中です。

↑施工後です。

外壁がジョリーパット でしたので、密着力のいいカチオンシーラーを下塗りに使用し、ジョリーパット 塗り替え専用のインディフレッシュという通気性能のある仕上げ材で仕上げました。

昨年同様ジョリーパット やリシンの塗り替えの御依頼を今年に入ってからも、すでに多くの方から御依頼頂き本当に感謝しております。

今年も満足度の高い施工がご提供できるように、社員一同精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市で外壁塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

今年に入ってから施工させて頂いてる現場の1つに、築20年のお洒落な輸入住宅のお家があります。

今日は外壁の仕上げ塗装を施工させて頂きました。

↑施工前です。

↑下塗り施工中です。

↑中塗り施工中です。

↑上塗り施工中です。

↑施工後です。

あとは窓周りに付いていた緑色のルーバーの飾りを仕上げて復旧したら、外壁の完成です。

アメリカンハウスは、玄関灯にマリンランプを使用していたり、細部までお洒落ですね。

仕上がった外壁を見てお客様にも喜んで頂き嬉しかったです。

今年も御依頼頂きました全てのお客様に喜んで頂ける仕事が提供できるように精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


...89101112...20...