木部 原状回復塗装

町田市でウッドフェンスの防腐剤塗装を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

防腐剤塗装施工前です。

ウッドフェンスを設置して10年経ち、ウッドフェンスも立水栓の木部も傷んできていますね。

防腐剤塗装施工後です。

今回は濃いめの色のウォルナットという色の防腐剤を塗装させて頂きました。

外せるウッドフェンスは外して裏も塗れる所は全部塗装しました。

↑1回目の塗装が乾いたら2回目の塗装を施工していきます。

↑木部はお洒落ですが、暖かくなって来て雨が多くなる梅雨前と、寒くなって来て木部が縮こまる冬の年2回の防腐剤塗装のメンテナンスが必要と言われています。

年2回のメンテナンス塗装は大変ですが、長持ちさせる秘訣です。

今日のお客様にも綺麗になり大変喜んで頂けました。

今回のメンテナンス塗装でお洒落なウッドフェンスがより長持ちさせれるといいですね。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市で室内階段の内装塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

経年変化で木の階段がくすんで来てしまったという事で、既存塗膜と着色してある色を剥離して、綺麗に仕上げて来ました。

↑施工前です。

艶はまだありますが、経年変化でくすんで来てしまっていますね。

↑施工後です。

今回の階段の木は、集成材といって、色んな木を組み合わせて強度を強くしている木でしたので、集成材が生かせる染色を施工して、クリア塗装は艶無し施工を致しました。

↑階段に物を落とした時に出来た傷です。

↑無垢の木の傷は元通りとはいきませんが、分かりづらくまでは直せる場合があります。

水車は釘を使わず木の性質を生かして作っていくのですが、木はカラカラに乾くと痩せて、水分を含むと膨張します。

水車を作る時は、カラカラに乾燥させて組み立てて、組み立て終わったら水分を含ませて膨張させて、組み上げた木と木が外れないようにします。

無垢の木の傷も、傷の周りにテープなどでダムのように水が溜まるようにして、そこに熱いお湯を溜めます。

お湯を含ませる事によって、傷着いた木の繊維が膨張して、元通りになろうとします。

お湯が冷めたら拭き取って、またお湯を含ませて、という作業を何度も繰り返してある程度木が膨張してきたら、ドライヤーで温めながら乾かしていくと、ほとんど見分けがつかないくらいに元通りに直せる場合があります。

それだけでは凹んでいた箇所が毛羽立ってしまうので、何種類かの紙やすりを使い分けて研磨してあげると、写真のようにほとんど見分けがつかなくなります。

これはやってみないと直せるかわからなかった為、お施主様には伝えずに直したら、ほとんど傷が見分けもつかないくらいになり、大変喜んで頂けました。

施工後の色にも傷の補修にも本当に喜んで頂けたので、嬉しかったです。

これからも内装塗装工事も大門に、と言って頂けるよう日々精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


木部原状回復塗装工事

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

塗装工事には、屋根塗装、外壁塗装 塗り替えや、吹き付け塗装、サイディング 塗装、室内塗装、原状回復塗装など様々な施工方法があります。

今週施工させて頂きました現場の中に、失敗すると目立つから是非とも大門塗装店に、と言って頂けた原状回復の現場が2件ありました。

1つ目は劇団四季本社のガラス戸でした。

↑施工前です。

こちらの扉は、経年変化で扉と扉が当たってしまうとの事で、扉の当たってしまう箇所をカンナで削りました。

↑剥離施工後です。

当たってしまう箇所を削ったら、既存塗膜と既存染色を剥離しました。

↑施工後です。

剥離後は、色染まりの良いアルコール系染色材を調合して周りの色に近い色を作り染色しました。

劇団四季本社という事もあり、とてもお洒落な内装なので、色も質感も元通りに戻せて一安心でした。

↑こちらは店舗の床です。

傷んでしまった箇所を新規の無垢のフローリングで張替えました。

↑施工後です。

青1色だと補修跡が目立ってしまいそうだったので、既存の色に近い色を4色作って4層の染色を施工して補修しました。

2件とも無事に上手く施工出来、御依頼主様達にも大変満足して頂けました。

これからも色んな塗装工事を任せて頂けるよう、実績と信頼を積み重ねて行きたいと思います。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


秋の日は釣瓶落とし

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

本日も劇団四季の本社屋旧館の内装メンテナンス塗装工事を施工させて頂きました。

↑施工前です。

↑施工後です。

今月のメンテナンスは、古くなった枠と扉の補修と塗装工事でした。

劇団四季様は、毎月メンテナンス塗装工事を頂けるので、これからも信頼してずっとお仕事が頂けるよう日々精進して参ります。

今日は劇団四季の現場帰りに、町田で施工をさせて頂いてるお宅に進行状況を確認しに寄りました。

こちらの現場は、ご年配の方のお宅なのですがお施主様とお話ししてる時に、『暗くなるのが早くなって、秋の釣瓶落としだねぇ』とおっしゃっていました。

お恥ずかしい事に『秋の釣瓶落とし』という言葉を知らなくて、お施主様に尋ねると、『最近はめっきり見かけなくなったけど、井戸に放り投げる桶の速さと夕暮れの早さを掛けてる言葉なんだよ、町田にも昔は至る所に井戸があったんだけど、最近は見かけなくなったね〜』と教えて頂きました。

この歳になって実感しますが、何かを人に教わるっていうのは嬉しい事ですね。

今日も塗装屋という仕事のお陰で、1日が充実しました。

明日からも、今日以上の最高の施工がご提供出来るよう精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市で室内枠の塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

『いつでもいいからそちらのタイミングで施工しに来て』という優しいお言葉に甘えて、なかなか晴れている日には伺えませんでしたが、この梅雨時期にやっと伺え、窓枠の塗装工事を施工させて頂きました。

↑経年劣化で、白っちゃけちゃったのが気になるという事でしたので、窓枠木部の全面既存塗膜を剥離して、新規で色を染色し直してコーティングする事をお勧めしましたが、ご予算の都合上一面だけ剥離して、周りの色と合わせて仕上げる事に致しました。

↑剥離後です。

↑周りと合うように染色を施し、コーティングをして完成です。

今回のように『気になるのはここだけだから、ここだけ直してもらえないかしら?』などのご要望にも全然問題なく施工させて頂きます。

小さな工事1つでも、工事は工事です、弊社に御依頼して頂けた事に感謝をし施工をさせて頂きます。

これからも『塗装工事は大門に』と言って頂けるよう日々精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市で防腐剤塗料の塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

今回のお家は、外壁塗装工事とともに一部外壁にハードウッドの木材を貼り付け、お洒落なアクセントを付けました。

↑施工前です。

↑施工後です。

今回はハードウッドを使用しましたが、念の為に透明の防腐剤塗料を使用して本来の木の色を生かし防腐処理しました。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


相模原市で玄関扉の塗装工事を施工させて頂きました。

相模原市でも、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事を対応している大門塗装店です。

今日の現場の1つは、6年ほど前に塗った玄関扉の塗装が剥げて来たとの事だったので、弊社にご依頼を頂き施工して参りました。

↑施工前です。

日当たりの良いお宅だったので、1日中陽の当たる下の方は塗膜が剥がれていました。

↑剥がれている箇所を研磨して、プライマーと木部用の下塗りを塗ってから中塗り、上塗りを施工しました。

↑施工後です。

今回は扉に合わせて枠の塗装もして、統一感を出しました。

木破風や木扉やウッドデッキは定期的なメンテナンスが必要です。

特にウッドデッキは最低でも1年に1回は防腐剤を塗ってあげる方がいいと思います。


町田市の戸建ての木の階段に色を付けコーティングをするという施工をさせて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

最近ではリノベーションという工事が増えたので、塗装屋の仕事は外壁だけではなく、内装塗装工事も実は結構あるんです。

今回の現場は、鉄の階段を塗装し、踏み板部分をオイルステインという方法で木に染色を施して、コーティングを施工させて頂きました。

↑施工前です。

↑施工後です。

今回はラーチという素材の木を染色してコーティングしたのですが、木の素材的にも無骨感が出せ、今時のお洒落な仕上がりになりました。

そして夜は、応援させていただいてる『小倉まさのぶ』さんとお会いし、これからのリフォーム業界への政策や色んなお話をし、今回もとても充実した時間を過ごさせて頂きました。


相模原市で痛んだ破風や軒天を張り替え、塗装工事を施工させて頂きました。

相模原市でも、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事を対応している大門塗装店です。

こちらのお家は築30年ということで、軒天井の薄ベニアが何箇所かと破風が1箇所傷んでいたので、大工さんに張り替えてもらってからの塗装工事でした。

↑大工さんに新しくしてもらった破風の箇所はパテ処理をしてから、接着剤となる下塗りを塗ってから、木部用の下塗りを塗り始めます。

↑既存の破風です。

↑平面を研磨する機械で、傷んでる表面を研磨していきます。

↑接着剤となる下塗りです。

↑そのあとに木部用の下塗りを塗っていきます。

↑下塗りが乾いたら、中塗りです。

↑中塗りが乾いたら仕上げの上塗りです。

↑外す事の出来る横の樋は外して破風を塗っていきます。

↑大工さんに張り替えてもらった軒天井です。

↑漆喰部分が欠けてしまっている場合は漆喰で補修します。

↑補修した漆喰が乾いたら、壁と軒天井の隙間をコーキングで埋めていきます。

↑コーキングが乾いたら、下塗りを塗っていきます。

↑下塗りが乾いたら中塗り、上塗りをして完成です。

↑綺麗になると気持ちがいいですね。

↑玄関前のリシン壁です。

↑施工後です。

これから出会うお客様方皆様にも、御満足して頂けると仕事と、気に入って頂けると最高の対応を心掛け、益々精進してまいります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』の登録団体です。


やっぱり『木』に携わるのが好き

町田の塗替え塗装専門店の大門塗装店です。

またまた弊社が得意とする『木』にまつわるお仕事についてです。

弊社では、内装で『木』に携わらせて頂く事も多いのですが、元請け様で『宮仕事』を手掛けられる宮大工工務店様がいらっしゃるので、外の『木』に関するお仕事も多く手掛けさせていただいております。

その中でも最近1番やり甲斐の感じたのは『神社』の現状回復工事です。

年中無休で雨ざらしになり、時には子供達の放課後の遊び場になり、思春期のカップルのデート場になり、夏には華やかな祭の場になり、潔き新年を迎える場ともなる『神社』

今回の工事は、そんな特別な空間に佇む神社の現状回復工事を施工させて頂きました。

何年も陽を浴びて日焼けをして、汚れも付いて、カビも生え、色落ちもしてしまっている『木』を、無垢の床の補修方法でも使用した薬品を使い分け、薬品で洗い、水で洗い、乾燥させる、を繰り返し繰り返し、建った頃のような姿に復活させました。

施工前↓

施工後↓

驚くほど綺麗になりますよね(^^)

↓下の写真は弊社の元請け様でもある町田の宮大工工務店様『澤口工務店』様が手掛けられた、新築の神社です。

仕事中に電話が鳴り、『近くで新築の神社建ててるから見においでよ』とお誘い頂き、これを目の前で見た時『職人技』というのをまじまじと見せつけられました。

弊社の周りには、この人は『職人』です、と胸を張って言える方がゴロゴロ居ます。

そんな元請け様の期待を裏切らない為にも、またお客様の期待を裏切らない為にも、これからも今まで以上に技、知識、施工方法を身に付けて参ります。

これからも『塗装工事は大門に』と言って頂けるよう、日々精進して参りますm(_ _)m


12