外壁塗装

町田市内で火災保険の保険対応物件の施工が始まりました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

↑こちらのお家は、お隣り様の火事で隣接していた外壁に無数のヒビ割れが入ってしまい、保険対応での御依頼を頂きました。

↑隣接していた面だけ無数の細かいクラックが入ってしまっていました。

↑ヒビ割れ部分には、固まると半永久的に割れないと言われているエポキシ樹脂を注入して補修しました。

↑エポキシ樹脂注入後です。

↑横樋も熱で歪んでしまったので、交換です。

↑エポキシ樹脂が乾いたら、傷んでしまった外壁をモルタル補修しました。

↑モルタル補修して、乾かしたらいよいよ塗装の開始です。

今回使用したレジアンダーというモルタル補修材は、防水工事の下地調整材としての最高グレードの物です。

今回の下地処理は、レジアンダーで、傷んでしまった外壁の強度を出来る限り最大限、元に戻しました。

塗ってしまうとわからなくなってしまう下地処理には、その現場その現場ごとによって施工方法や使用材料を変えて、最良の工法をご提案し、施工しております。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市内でマンション塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

昨年より予定させて頂き、年始から着工しておりましたマンション塗装工事が無事に完工致しました。

↑施工前です。

↑施工後です。

今回の工事では外壁の配色にメリハリを付ける為に、元々は1色で塗装されていた面を2色にしてメリハリを付けました。

↑施工前です。

↑施工後です。

メリハリを付けると締まって見えますね。

↑施工前です。

↑施工後です。

↑施工後です。

↑施工後完工のお知らせです。

約2ヶ月間の全体工事で、約1ヶ月間はバルコニーの使用が出来なくなる為、ご入居者様には多大なご迷惑をお掛け致しましたが、無事にトラブル無く完工出来ました。

オーナー様にも大変喜んで頂き嬉しかったです。

これからも、

塗装工事は大門に、

と言って頂けるよう益々精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市内で外壁塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

ついに今週日曜日は関東でも初雪になりそうですね。

雪が降る前に終わらせれるといいなぁと思っていた現場が本日完工出来ました。

↑施工前です。

既存で張ってあった床材は劣化が進み今にも床が抜けてしまいそうでしたので、全て撤去致しました。

↑足場を組むと同時に前の床板は撤去してしまっていたので、足場解体とともに新しい床材を貼り直しました。

↑全ての鉄部に下塗り材となる黒い錆止め塗料を塗りました。

↑足場解体後、床板を貼り直す前です。

約2週間ほどベランダが使用出来なくなってしまっていたので、雪が降る前に工事が完工出来てよかったです。

前までは床が抜けないか心配でなかなかベランダに出る事も少なくなってしまっていたそうですが、これからは日当たりの良い2階のベランダでまた洗濯物が干せると大変喜んで頂けました。

塗装屋はよく3Kと言われます。

きたない(塗料で汚れてきたない)

くさい(材料がくさい)

キツイ(肉体労働でキツイ)

でも工事が完工してお客様に喜んで頂けるこの仕事は最高にやりがいがあります。

今回の工事では、足場屋さん、大工さん、サッシ屋さん、板金屋さんなど多くの職種の方のご協力のもと完工が出来ました。

これからも、施工する全ての職人がプライドを持って仕事が出来る環境作りをしていきたいと思います。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市内で外壁塗装を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

1月も半ばに入り寒さが増すかと思ったら、外仕事をしていると昼間は汗ばむ陽気が続いておりますね。

こちらのお家はお天気の恵まれたうちに施工が完工まで出来ました。

↑施工前です。

↑古いコーキングは打ち替えて、サイディング壁用のヒビ割れをおこしずらい弾力性能のある下塗り塗料を下塗りに塗りました。

↑下塗りが乾いたら2回目の塗装の中塗り作業を行いました。

↑2回目に塗った塗料が乾いたら3回目の仕上げの上塗り作業を行いました。

↑外壁塗装が終わったら、FRP防水のトップコートもメンテナンスさせて頂きました。

これこらも『塗装工事は大門に』と益々言って頂けるように日々精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市内で外壁塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

こちらのお家はご年配のお客様がお住まいになっているお家で、以前の工事から10数年たち最後の塗装工事をお考えになり当社での施工を最後の塗装工事に選んで頂けました。

↑施工前です。

↑施工後です。

明るめのお色を提案させて頂きまして、明るい雰囲気になるように致しました。

↑クラック補修前です。

↑エポキシ系カチオンモルタルでの補修後です。

クラック補修をコーキングで補修してしまうと、数年経つとブリード現象をいう現象を起こして黒ずんでしまうので、当社ではモルタルの外壁の正規の補修方法のエポキシ系カチオンモルタルでの補修を施工しています。

↑施工前です。

↑施工後です。

色も明るくなって気分が明るくなったし、丁寧にやってもらえてよかったよ!と言って頂けて本当に嬉しかったです。

これこらも『塗装工事は大門に』と益々言って頂けるように日々精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市内で外壁塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

↑施工前です。

↑施工後です。

↑古くなって錆び汁が壁に着いてしまっていました。

↑使用していないとの事でしたので、撤去しました。

↑カチオンモルタルで補修後に下塗りを施工しました。

↑中塗り施行中です。

↑上塗り施行中です。

こちらのお家は、お見積もり行かせて頂いたのは冬でしたが、待ちに待って頂き4月半ばから着工してGW中に完工しました。

お家が綺麗になって喜んで頂けるとやはり嬉しいです。

これからも初心を忘れずに当社を選んで頂けた全てのお客様に満足度の高いお仕事がご提供できるように日々精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市で外壁塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

最近は風の強い日が続いていましたが、足場解体の本日は風も無く無事に工事が終わりました。

↑施工前です。

↑施工後です。

↑風が強い日は足場シートを半分だけめくって、足場に風の影響が受けないようにしました。

↑破風の三角部の塗装が剥がれてしまっていました。

これは建設時に、準外部用の素材を使用されてしまっているので、塗装をしてもすぐ剥がれてしまうので、交換か増し張りの必要があります。

↑1番薄いベニアを現場で加工して、ビスとタッカーというホチキスでとめてから、パテ補修をして木目を潰して既存の破風と質感が合うようにしました。

足場解体が終わって、新しい色の全景を見てお客様に喜んで頂き嬉しかったです。

これからもただ塗るだけではなく、色々な事を勉強して、日々精進していきます。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市で外壁塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

最近は夜間工事が続いておりますが、日中の作業も滞りなく施工させて頂いております。

↑施工前です。

↑足場組み立て中です。

↑施工後です。

塗装して色を変えるとガラっと雰囲気変わりますよね。

こちらのお家の使用材料は、サイディング用の微弾性を使用して、サイディングの割れが起きずらくしました。

雰囲気も変わりお客様にも大変喜んでいただけました。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市でランデックスコート塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

昨年末、3年前に屋根外壁を施工させて頂きましたお客様の所へ経過調査に伺わせて頂きましたところ、ドライエリアのランデックス塗装工事の御依頼を頂きました。

ドライエリアとは、地下があるお家の湿気を逃がしたり、風通しをしたり、避難通路の役割をしている場所です。

ドライエリアは地下にある為、来客の方の目に付かない場所なので、建設時はコーティングなどを行わずコンクリート打ちっ放しのままの状態が多いです。

施工させて頂きました3年前は生後半年のお孫様が居て、今は3歳半になっていました。

『孫が遊びに来てくれた時に雨が降っていても遊べるようにドライエリアを綺麗にしたい』との事でした。

↑施工前です。

↑施工後です。

↑施工中です。

天井と壁は色を分けてツートンにしました。

↑模様付けしたので、窓上にあった元の補修跡もわかりづらくなりました。

↑ドライエリアを抜けるとお風呂場の窓があり、浴室からの結露でエフロや汚れで壁が汚れてしまっていました。

↑ドライエリアから見える壁でしたので、せっかくなのでこちらはサービス工事で施工させて頂きました。

3年経っても屋根外壁共に問題もなく、今回の塗装工事も大変喜んで頂きまして、嬉しかったです。

これからもお客様の満足度の高い施工を提供出来るように日々精進して参ります。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。


町田市で外壁塗装工事を施工させて頂きました。

町田市、相模原市で、外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・その他塗り替え工事をしている大門塗装店です。

今年は、先週少し雪が舞いましたが去年一昨年のような大雪にはならず、交通機関や皆様の生活に支障をきたしてないみたいなので一安心ですね。

今年に入ってからも多くのご依頼を頂き、町田市内での施工をさせて頂きまして大変感謝しております。

↑施工前です。

↑下塗り施工中です。

こちらのお家の外壁はサイディングでしたので、下塗りにはサイディング用の弾力性能のある下塗り材を使用しました。

↑中塗り施工中です。

↑上塗り施工中です。

↑バルコニー手すりの高さに合わせて今回はツートーンの仕上げを施工させて頂きました。

↑上塗り施工中です。

↑施工後です。

↑バルコニー床のFRP防水のメンテナンスも施工させて頂きました。

機械研磨後に箒と掃除機を使用して細かいゴミを取り除いたら、アセトンという液体で脱脂していきます。

↑FRP防水トップコート施工後です。

↑今回は仕上げにウッドタイルと周りに砂利を敷き詰めました。

外壁でも屋根でもバルコニーでも、塗膜は紫外線で劣化をしてしまうので、マンションの屋上などはたまに、タイルを敷き詰めてある屋上などがあります。

FRP防水を新しくしたら劣化させない為にも、ウッドタイルなどを敷き詰めるのもいいかもしれませんね。

大門塗装店は、国土交通大臣登録団体『一般社団法人 リフォームパートナー協議会』における、町田市内の塗装業の登録第1号店です。